保険の先へ、挑む。SONPOホールディングス

認知症をサポートするSOMPO認知症サポートプログラム 認知症をサポートするSOMPO認知症サポートプログラム

SUPPORT PROGRAM

イメージ

MCI早期発見の重要性

MCIの段階での早期発見と対応が
症状の進行予防や改善につながります。

島田 裕之先生

国立研究開発法人国立長寿医療研究センター・予防老年学研究部長
島田 裕之先生

高齢者の認知症予防などを目指した健康増進に関する研究を行う。
専門はリハビリテーション医学、老年学。

MCI段階での早期発見が重要

高齢者の方の認知機能の低下パターンは大きく3パターンに分類することができます。1つはMCI診断後、認知機能が回復せずに認知症へ移行する「早期発症型」。一度正常に回復(もしくはMCIの状態を長期間維持)した後に移行する「遅延発症型」。正常に回復した後、認知症へ移行しない「非発症型」。「遅延発症型」や「非発症型」へと移行させるためにはMCIを早期に発見し、適切な対応をいち早く行うことが大切になります。

認知機能の低下パターン

出典:「運動による脳の制御 認知症予防のための運動」
(編集:島田裕之)を基に作成

適切な対応を行うことで
MCIの人の約16~41%は
健常者への回復が見込める

一度MCIと診断された後に認知機能が正常な状態へと回復する確率は16~41%ほどといわれています。
回復するためには適切な対応や取組みが必要です。

認知機能が正常な状態へと回復する確率

出典:日本神経学会「認知症疾患診療ガイドライン2017」を基に作成

MCIの状態が軽度なほど
正常への回復率は高くなる

海外の研究結果では症状が軽い状態にある単一領域のMCIは、症状が進行し複数の認知機能に低下がみられる多重領域のMCIに比べて、健忘型、非健忘型を問わず回復率がかなり高いとの報告があります。この結果はMCIの予防と改善における早期発見と早期対応の重要性を示唆しています。

MCIから正常への回復率

出典:「Brodaty H, Heffernan M, Kochan NA et al.(2013)Mild cognitive impairment in a community sample:
the Sydney Memory and Ageing Study. Alzheimers Dement, 9: 310-317.el」を基に作成

早期に発見・治療することの
メリットは多い

症状が進行する前に認知症に対する知識を深められる
原因疾患の中には、
早期治療により改善するものもある

認知症の原因疾患の中には慢性硬膜下血腫や正常圧水頭症などのように、早期に受診し適切な治療を受けることで改善が見込めるものもあります。

今後の治療方針や将来の介護プランを決めておける
適切な治療や将来に向けた
対策を立てやすい

症状が進行したときに備えて早い段階から家族や医師と今後の対策や希望について相談することができることも早期発見の大きなメリットです。

SUPPORT PROGRAM

グループ会社

SUPPORT PROGRAM

連 携

ページトップへ戻る