{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2021.06.02

【無料公開中】町田市が冊子「認知症になっても私はわたし~認知症と生きる希望とリアル~」を作成しました

町田市では、市内で活動する認知症のある方々にご協力いただき、ご自身の思いや考えをまとめた冊子「認知症になっても私はわたし~認知症と生きる希望とリアル~」を作成しました。


町田市には、認知症と診断されてからも、地域とつながることができる場所があり、家族や友人と一緒にいきいきと生きる方々が多く暮らしています。悩みや葛藤、不安を抱えつつも、あの場所があるから、あの人がいるから今日も頑張ろうと思えるつながりがあります。


冊子では認知症の方14名(市内在住者11名)に登場いただき、「認知症と生きる身近な人からのメッセージ」と題したインタビューをQ&A方式で掲載しています。具体的には「診断後、生活は変わりましたか?」といった質問から始まり、「友人とのつきあいに変化はありますか?」など社会生活にまつわる質問や、「いま、楽しみなことはどんなことですか?」という前向きな気持ちを保つためのヒントになる質問&回答も満載です。


また、Q&Aのほかにも「女子会 ある日の会話」「男性たちの語り場」と称し、イニシャルトークで本音を語る座談会も掲載されています。さらに、町田市の取り組みとして、認知症カフェの「Dカフェ」、市内の書店や図書館などに認知症に関する本を集めた特設コーナー「Dブックス」、認知症の人にやさしいまちづくりの在り方を考えていくイベント「まちだDサミット」などを紹介しています。


冊子は全20ページの完全版と、4ページにまとめた概要版があり、どちらも町田市のホームページからダウンロードできます。認知症の方のリアルな気持ちや、日々の過ごし方がていねいに紹介されており、人生の先輩たちの話を聞くような感覚で読み進められる内容です。町田市にお住まいの方に限らず、誰でも無料でダウンロードできるので、ぜひ読んでみてください。


■概要版の内容



詳細と冊子のダウンロードはこちらから(町田市ホームページ)

https://www.city.machida.tokyo.jp/iryo/old/shiminnokatae/ninchishojoho/ninnchisyo_sassi.html


楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事

  • 認知症知識・最新情報
  • 【無料公開中】町田市が冊子「認知症になっても私はわたし~認知症と生きる希望とリアル~」を作成しました