{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2021.01.25

介護予防にも、介護が必要になってからも頼れる口腔ケア用品が登場

適切な口腔ケアは口内を清潔にするだけでなく、肺炎予防や生活の質の向上にも密接に関係しています。厚生労働省からも、要介護の高齢者に対する口腔ケアの主な目的は「誤嚥性肺炎、口腔の乾燥、口腔機能の低下を予防すること」だと発信されています。しかし、要介護の高齢者の場合、自分で歯を磨くのは容易ではなく、介護する家族にとっても人の口の中を清掃するのは難しいため、簡単にはいかないのが現実です。


ピジョン株式会社が2019年9月に行った家庭訪問調査によると、軽度の要介護者は介護専用の口腔ケア用品を使っておらず、それが原因のひとつとなって口内環境の悪化に悩んでいる場合があると分かりました。また、重度の要介護者は自分で口腔ケアが十分に行えないため、歯磨きの回数や質が落ち、その結果汚れが取れなくなり、口臭や歯の欠損など口腔機能が低下している場合があることも分かりました。一方で、介護する側も口腔ケアの際、「口を開けてくれない」「汚れが取りにくい」などの悩みを抱えていました。


そのような状況で、毎日の口腔ケアをスムーズに行うため、活躍してくれるのが口腔ケア用品です。2021年2月8日発売の「クリンスマイルシリーズ」は、3点の新商品とリニューアルした11商品からなる口腔ケアシリーズ。介護の予防段階から介護の必要が高まった方のケアまで、ニーズに合わせて選べるラインナップです。 


新商品の「入れ歯の歯みがき」は、ガンコな入れ歯の黄ばみや着色汚れを落とすのにおすすめ。さわやかなお茶の香りが好評のアイテムです。「口腔保湿ミスト」は口内の乾燥や口臭が気になる方に。味が2種類あり、好みのものを選べます。


(下)左から:クリンスマイル 入れ歯の歯みがき 95g 880円、薬用口腔保湿ミスト 自然な甘さ、うるおうハニーレモン 各70ml 各1,100円(ともに医薬部外品)/すべてピジョン



ほかにも「クリンスマイル」シリーズには、口内の健康をサポートする商品がそろっています。「口腔ケアスポンジブラシ」は口内の洗浄はもちろん、保湿剤の塗布にも使えるアイテム。その他、保湿ジェルや歯みがきティッシュなどもあるので、目的に合わせて取り入れてみてください。


(下)左から:クリンスマイル 口腔ケアスポンジブラシ 10本入 550円、60本入 2,640円、250本入 9,350円/すべてピジョン



■ピジョン株式会社 お客様相談室

電話:0120-741-887


詳細は以下の外部リンクをご覧ください。
クリンスマイル特設サイト 

https://www.pigeontahira.co.jp/clean-smile/


楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事