{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2021.06.16

オーラルフレイル予防に!サンスターの無料アプリ「おくち元気チェック」配信開始

現在、日本は超高齢社会に突入しており、健康寿命の延伸はとても重要な課題です。そのような状況の中、近年注目を集めているのが「オーラルフレイル」という言葉。オーラルフレイルとは、滑舌の低下、食べこぼし、飲食時の「むせ」とったささいな口の衰えから始まり、口の機能が低下し、食べる機能の障害へと進む現象を指し、これが体力・筋力の低下を招き、全身のフレイル(虚弱)につながるという新たな概念です。


サンスターの調査(※)によると、2020年12月時点でのオーラルフレイルの認知率は18.3%と、まだあまり浸透していないことが分かります。また、オーラルフレイルについて知っていても、自分がオーラルフレイルの状態にある、もしくは自分自身にもその危険性があると自覚している方は非常に少なく、実態と認識のギャップが大きいことも分かりました。これらの結果から、オーラルフレイルの認知を広げるだけでなく、自分自身にも起こりうることだと考え、自身の口の状態や機能を把握するためのツールとして「おくち元気チェック」アプリが開発されました。


※サンスター調べ:50~79歳男女1,036名、2020年12月実施 


「おくち元気チェック」アプリは、スマホを用いて口腔機能アンケート、発音チェックを行うことで、結果およびおすすめケア方法を確認することができます。口腔機能アンケートは、「半年前と比べて、硬いものが食べにくくなった」「お茶や汁物でむせることがある」といったオーラルフレイルのリスクに加え、口腔乾燥、かむ力など口腔機能にまつわる設問に「はい」「いいえ」の二択で回答することにより、口の状態を測ります。発音チェックは、通話用マイクに向かって「パ・タ・カ」音を5秒間に連続で何回発音できるかによって、唇や舌の動きの状態をチェック。その結果、口の状態によっておすすめのケア情報などが表示され、オーラルフレイル予防に役立てることができます。



オーラルフレイルは65歳以上の高齢者の方々だけの問題ではなく、40代~50代の方にとっても重要な問題です。コロナ禍で人と会う機会や会話が減少し、口の動きも衰えてしまいがちな状況の今こそ、オーラルフレイルに早期に気づき、対策をするためのツールとしてぜひ活用してみてください。


■「おくち元気チェック」アプリ(無料) 

対応OS :iOS13.0 以降対応

※Android には対応していません

iPhone アプリDL ページ:https://apple.co/33M53LF


■「おくち元気チェック」アプリQRコード 

楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事