{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2021.01.27

楽しく削って脳を元気に!初心者にもおすすめの「脳活性スクラッチアート」

スクラッチアートとは、真っ黒なスクラッチシートに描かれた下絵の線を専用ペンでなぞり、完成させるアートのこと。誰でも簡単に描きやすいので、子どもから高齢者まで幅広い世代に親しまれています。無心でなぞっていくことで自律神経を整え、心が穏やかになると人気を集めていますが、さらに脳を活性化することもできないだろうか、と開発されたのが「脳活性スクラッチシリーズ」です。


監修は、ニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズでおなじみの、東北大学加齢医学研究所所長の川島隆太教授。

教授によると、脳を活性化するポイントは「出来上がりをイメージしながら、手先を使うこと」。スクラッチアートは出来上がりをイメージしながら、線や文字を足したり、削る面を選んだりして作りあげるアートなので、脳の活性化に効果が期待できます。


さらに出来上がりをイメージしやすいように、さまざまなテクニックや仕上がりの見本サンプルも大きな字で見やすく掲載しています。スクラッチシートは愛らしい動物と美しい花の絵柄で、難易度別に4種類あり、専用ペン付き。スクラッチアート初心者の方や、プレゼントにもおすすめです。


「脳活性スクラッチアート」は、レベル1のアートから毎日無理をせず少しずつ取り組むこと、何より楽しんで行うことが脳活性化につながります。コロナ禍で家にいる時間が増えた今、新しい趣味のひとつとして取り組んでみてはいかがでしょうか。



■『川島隆太監修 脳活性スクラッチアート 美しい日本の花と動物』

絵:shino isotope 構成:isotope

価格:本体1,100円+税

発売日:2020年12月18日(金)

内容:スクラッチシート4枚、スクラッチペン1本、説明書

発行所:(株)学研プラス

学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/1575075900

■購入できるサイト

Amazon:https://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4057507590

楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/16495152/

セブンネット:https://7net.omni7.jp/detail/1107147264


楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事