{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2020.09.30

家族とのコミュニケーションに! 日本郵便がスマホで送れる往復はがき『マゴ写レター』サービスを開始

日本郵便から、スマホで簡単に写真つき往復はがきを送ることができる、コミュニケーションサービス『マゴ写レター』が登場しました。

サービスの仕組みは、
①送り主(お孫さんなど)が公式サイトから『マゴ写レター』を送る
②受取人(おじいちゃんおばあちゃんなど)に『マゴ写レター』の往復はがきが届く

③印刷されたお孫さんの写真を手元に残しつつ、返事を書いて返送できる

というもの。


コロナ禍で帰省できない方が多い中、離れて暮らすお孫さんとおじいちゃんおばあちゃん、または親子がコミュニケーションを取れるサービスです。 



このサービスを開始するにあたり、日本郵便が、メドピア株式会社が運営する医師プラットフォーム 「MedPeer」を用いて、認知症に関わる診察を行っている医師 120 名を対象に調査を行ったところ、「新型コロナウイルス感染拡大防止に伴うステイホームが、認知症悪化のきっかけになると考えますか?」という質問に対し、約9割の医師が「はい」と回答。


さらに、認知症悪化のきっかけとして「会話の減少」(91%)、「運動不足」(88%)、「コミュニケーションの頻度が減ること」(86%)などが挙がっており、認知症患者にとってステイホームによる運動不足やコミュニケーションの減少が懸念されていることがわかりました。


そして、8割以上の医師が「家族・知人とのコミュニケーションが、認知症にとってポジティブに働くと考えられる」と回答。


『マゴ写レター』は家族とコミュニケーションを取れるだけでなく、「はがきを見る」「返事を書く」「はがきを投函するために歩く」という動作を自然に取ることができます。これについても6割以上の医師が「認知症患者のサポートの充実化へ繋がると思う」と回答しています。


新たなおじいちゃんおばあちゃん孝行のひとつとして、一通送ってみてはいかがでしょうか。申し込みは2020年10月19日(月)までなので、今すぐチェックを!


『マゴ写レター』

■価格

500円(葉書代、印刷代、消費税等込) 

■申込期間

2020年9月17日(木)~2020年10月19日(月) 

■往復はがきの到着予定

2020年11月5日(木)ごろに受取人に往復はがきを配達 

※お住いの地域などにより、お届け日が前後することがあります。


利用方法などの詳細は、以下をご参照ください。

https://www.magosha-letter.jp/


楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事

  • 認知症知識・最新情報
  • 家族とのコミュニケーションに! 日本郵便がスマホで送れる往復はがき『マゴ写レター』サービスを開始