{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2019.08.27

全国のメガネのアイガンで「聞こえの相談会」開催


「聞こえ」の改善は認知症予防にもなる

メガネ・補聴器を販売する「メガネのアイガン」(大阪市天王寺区)では、8月23日〜9月30日まで全国のメガネのアイガン242店舗において、今年で5回目となる「聞こえの相談会」を開催しています。



難聴は国内で約1,400万人いるといわれ、社会の高齢化ともに増加傾向にあります。さらに、2017年の国際アルツハイマー病会議では、「難聴は認知症の原因の約9%を占め、予防できる要因のなかで最も大きいリスク因子である」と指摘されました。



聴力が低下すると、会話を理解するために聞き取りに集中しなければならず、脳に余分な負担がかかります。それが脳の認知機能の負荷となり、社会的孤立やうつ病に繋がり、脳の萎縮が加速することが確認されています。



このような状況の中、補聴器を持っていない難聴者は、補聴器販売店がどこにあるのか知らない方が62%もいるというデータも発表されています。加齢による聴力の衰えは40歳前後からゆっくりと進行するといわれているため、本人が気付いていないケースも多くあります。



(画像はイメージです)



▼外部リンク
「聞こえ」を改善すると認知症予防に!「聞こえの相談会」を8月23日(金)~9月30日(月)の期間で全国のメガネのアイガンで実施







楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事