{{ header }}
{{ body }}
スキップ
2019.02.18

NEXCO東日本、逆走・免許返納に関する意識調査を実施

NEXCO東日本(東京都千代田区)は、高齢ドライバー(65歳以上男女104名)と65歳以上のドライバーを親に持つ子ども世代(30~50代男女312名)に対し、車の運転に関する意識調査を実施しました。調査では、「高齢ドライバーによる高速道路での逆走」や「免許返納」に関する、高齢ドライバーの意識や家族での話し合いの実態についても回答を得ています。

この調査は、2018年10月から同社が推進する「家族みんなで 無くそう逆走」プロジェクトの一環として行われました。


約80%の高齢男性ドライバーが、運転に「自信あり」

同社は、調査結果を次のようにまとめました。


ポイント

1. 高齢ドライバーは、「運転はまだまだ現役だ」と思っている!?

 ・高齢男性ドライバーの方の約8割が運転に「自信あり」

 ・高齢になればなるほど「自信あり」が増加

 ・「免許返納してもよいと思う年齢」の平均は約80歳

2.「高速道路の『逆走』は自分と関係ない・興味ない」!?

 ・「高速道路で発生する逆走のうち66%が65歳以上のドライバーによるもの」と伝えても、4割近くの高齢ドライバーは「高速道路の『逆走』は自分と関係ない・興味ない」と回答

3.子どもの注意喚起は親に届いていない!?

 ・約8割の子ども世代は「運転が危ない」と親に伝えているが8割弱の高齢ドライバーは「運転が危ない」と子どもから言われたことがないと回答

4.「免許返納」について、特に父親とは話しにくい!?

 ・「父親と話したことがある」のは31.8%、「母親と話したことがある」38.0%。

 ・話し合いは「父親の年齢80~84歳」と「母親の年齢75~79歳」が多く、父親より母親の方が年齢が若いうちに話し合っている傾向

5.話しにくい「免許返納」、70歳(※)になったら話し合いを。

 ・お勧めの話し合い方法やNGポイントを朝田先生がアドバイス

※:年齢が70~74歳までの方で免許更新を希望する方は、更新手続前に高齢者講習等を受講する必要があるため


詳しい調査結果については下記URLよりご覧ください。

https://www.e-nexco.co.jp/family_nakusogyakuso/


(画像はプレスリリースより)

楽しく、あたまの元気度チェック(認知機能チェック)をしましょう

あたまの元気度チェックへ

メール会員のおもな特典

身長や体重・運動習慣等を入力するだけで、将来の認知機能低下リスクをスコア化できます。

認知症や介護に関する最新のニュースやお役立ち情報を月2回程度お知らせします。

関連記事